いつまでも若々しくいたいなら白髪染めしよう|キレイな髪を保てる

髪が白くなってきたなら

女の人

種類による違い

白髪を綺麗に染めてくれる白髪染めにはいろいろな種類があります。大まかに分類するとヘアカラーとヘアマニキュアの二種類と、トリートメントやヘナの一時染めなどがあります。これらの中で最も白髪染めとして主流となっているのはヘアカラーで、髪の内部に浸透するために染まり具合に関しては一番良いです。それゆえに髪や頭皮に負担になることもあります。一方、ヘアマニキュアは髪の表面に色素をコーティングすることで白髪染め効果を得られ、ヘアカラーより髪へのダメージは少ないですが、ヘアカラーほど染まっている期間を長くは保てません。またトリートメントタイプやヘナなども髪には優しいですが、やはり染まり具合がいまいちだったり長持ちしないというデメリットがあります。一時染めは外出時などのその場しのぎ的な染め方であるために、髪を洗えばすぐに色落ちします。

ケアも忘れずに

白髪染めにはそれぞれの方法でメリットもデメリットも存在しますが、状況や自分の好みに合わせてどのタイプにするのかを考え、使用することが一番効果的です。そのためには使用方法や放置時間等をしっかり守り、できるだけ効果を長くするためにも、髪の毛のケアも実施すると良いでしょう。基本的には洗い流すタイプのトリートメントを頻繁に使って髪の毛にたんぱく質などの栄養分を補給し、かつキューティクルをしっかりと閉じるようすることで、色落ちを遅くさせることが可能です。また食生活などの内側からのケアも効果的ですし、寝不足やダイエット、タバコやストレスなどの白髪に悪影響を与える行為を出来るだけ避け、規則正しい生活をすることも大切です。

手軽に摂取

綺麗でツヤのある髪を育成するために重要なのは、栄養をたっぷり摂ることです。特に、亜鉛やビタミンなどは髪にいいといわれています。髪にいいサプリを毎日継続して摂りましょう。ビタミンCなどは、毎日排泄されるのです。

美しい髪になるために

デンマンのヘアブラシは世界中の美容師に愛用されています。丈夫でいろいろな種類のブラシがありブローがしやすい事がその理由です。静電気を防いでくれるのも嬉しいポイントです。長く使うためには、洗浄などのお手入れも必要になってきます。

コスメの整理に最適です

プロが使用するメイクボックスは収納力があり、アイテムごとに分類して収納することで、自分の持っているコスメを把握することができます。メイクボックスは持ち運びもできるので、自然光の入る明るいところでメイクをすることができ便利です。

このエントリーをはてなブックマークに追加